コーピングとは?

コーピングとは?人事必見!メンタルヘルス不調を予防するストレスマネジメント

会社で働いているとストレスは避けられません。これは家庭でも同じかもしれません。程度の差こそあれ、人は生きている以上誰でもどこでもストレスを受けます。ストレスがたくさんある社会で暮らしていくには、自分に合ったストレス解消方法を見付けることがとても大切です。今回はストレス対処の方法のひとつ「コーピング」についてお話します。

コーピングとは?

コーピングとは?

コーピングは単なる気分転換の方法ではなく、ストレスとの上手な付き合い方を追い求めるストレスマネジメントです。各自のストレスの原因や受け止め方によって、自由度が高く柔軟な対処方法を考えられることが特徴です。一概に「こうすれば良い」という方程式があるのではなく、ストレスを自覚し、どうすればストレスと向き合えるのかを自分自身で考えます。

コーピングの3つの種類

コーピングとは?

コーピングはどの段階で対策を行うかによって、以下の3つに分類できます。

①問題焦点型コーピング
②情動焦点型コーピング
③ストレス解消型コーピング

問題焦点型コーピング

①問題焦点型コーピングは、ストレッサー(ストレスの原因)そのものに働きかけ、無効化することによりストレスを解決しようとする方法です。ストレッサーがなくなるので、根本的な解決になりますが、その過程で大きなストレスを感じる可能性があります。

情動焦点型コーピング

②情動焦点型コーピングは、ストレッサーに対する受け取り方や感じ方を変えることにより、ストレッサーをストレスとして認知しないようにする方法です。例えば、先輩の自分に対する厳しい対応を期待の裏返しと考えたりするイメージです。ストレッサーがなくなる訳ではないので、受け取り方や感じ方を変えるまでは少し大変です。

ストレス解消型コーピング

③ストレス解消型コーピングは、ストレッサーをなくしたり受け取り方や感じ方を変えたりせず、ストレスをそのまま受け入れて解消する方法です。上司から理不尽に起こられたのでカラオケに行くなどがそれに当たります。一旦ストレスを受けますが、自分に合ったストレス解消方法が見付かるととても有効です。

手軽に取り入れられるコーピング

コーピングとは?

①~③のうち、①と②は臨床心理士(公認心理師)など専門家のサポートが必要です。書籍はたくさん出ていますが、独学では簡単に習得できるものではありません。しかし、③に関しては、自分に合ったストレス解消方法を見付ければ良いので、手軽に取り組めます。

自分に合ったストレス解消方法(ストレス解消型コーピング)

何をしている時にこころが無心になりますか?何をしている時が一番自分らしいですか?何をしている時が心地良いですか?まずは、ご自身の好きなこと、心地の良いことを探して下さい。きっと2~3個はすぐに見付かると思いますし、ストレス解消型コーピングは無理やり探すものでもありません。

例えば、【近所の公園をゆっくりと散策する】【スタバで●●ラテを飲む】【海外ドラマを見る】など何でも構いませんが、出来るだけ手軽にできるものを探してもらいたいと思います。意外かもしれませんが、「楽しみの大きさより手軽さ」「質より量」です。

例えば、【旅行に行く】という何よりの楽しみがあっても、それは気軽にできるものではありません。なので、日常的に発生するストレスを解消する手段としては機能しにくいのです。それよりも、【お気に入りの入浴剤を入れた風呂に入る】【肌触りの良いタオルに触れる】など手軽に取り組めるものの方が良いのです。

また、旅行などの大きな楽しみはこころがしんどい時に取り組めるものではありません。そういった意味では、ちょっとしたことの方が良いのです。ちょっとしたストレス解消型コーピングをたくさん持っている方が強いのです。

こんなストレス解消型コーピングはダメ!

コーピングとは?

手軽に取り入れることができるコーピングをご紹介しましたが、こんなコーピングはNGという事例もご紹介させていただきます。

お酒に頼る

発散のための機会飲酒はOKですが、毎日はNG です。アルコール依存症になる可能性があります。

おやつでイライラを抑える

太ったり、糖尿病のリスクがあります。楽しむためのおやつにしましょう。

身体を壊すほど運動する

体を壊すまでしてはいけません。運動+別の対処法で乗り切りましょう。

毎日電話で友達に愚痴る

人間関係を壊す可能性があります。上手な愚痴り方、相談の仕方を考えましょう。

嫌なことを忘れるため休日通して寝続ける

生活リズムが崩れるので、週明けから更にしんどくなります。寝すぎがストレス負荷になることもあるので、ほどほどにしましょう。

コーピングとは?まとめ

コーピングとは?

私は以前休職されている方が職場復帰するためのリハビリの場(リワークデイケア)で勤務していましたが、その時には利用者の方々に「職場復帰までにストレス解消型コーピングを100個見付けて下さい」とお願いしていました。

ストレス解消型コーピングを探すことは決して苦しい作業ではありません。「自分ってこんなことが心地良いんだ!」と新たな発見となるかもしれません。日々の生活の中のふとした瞬間の心地良さをメモし、たくさんのストレス解消型コーピングを手に入れて欲しいと思います。そのことで、ストレスを追っ払ってもらえたらこれ以上の喜びはありません。

  • フォルテメディア
  • フォルテメディア
株式会社フォルテ

大阪・関西のEAP・メンタルヘルスならフォルテ

Copyright(c)2015 Forte. All rights reserved.