ホーム > 当社の強み > 他社との違い

当社の強み
他社との違い
認知行動療法

株式会社フォルテは、自社内で健康管理機能が整っていない企業様の
『外部の健康管理室』です。

ここでは、他社様と株式会社フォルテの違いについて、ご説明いたします。

『対策』ではなく、『解決』を提供

実際に契約企業様が抱えているメンタルヘルスの問題や課題を単に提示するだけでなく、
解決に至るまでの具体的なソリューションを提供出いたします。これが他社との最大の違いです。
⇒【企業側のメリット】 今お持ちの「職場のメンタルヘルス」に関する悩みを何でも相談でき、それを解決することが出来る。

そのため、『解決策』は状況に応じた『オーダーメイド』

経験豊富な人事総務部の皆様なら実際に見たりご経験をされたことがあるかと思いますが、企業のメンタルヘルス対策に問題を一瞬にして解決する『ウルトラC』はありません。 そして、会社の状況や環境、業務の量と質、人間関係、本人の問題の捉え方等によって、表面上に見えてくる現象や感じる違和感等は様々です。
そのため、株式会社フォルテでは、医師・保健師・看護師・心理士・精神保健福祉士・キャリアコンサルタントいった有資格者が、専門家チームを編成して当該企業様の抱える多様な問題の具体的解決に当たっています。
メンタルヘルス専門の医療機関(医療法人桐葉会 中之島フェスティバルタワー・さくらクリニック)を中心とした全国の医療機関と連携して、 カウンセリングから専門医療の提供まで、企業の状況に応じた解決策ソリューションの提供を行っています。
⇒【企業側のメリット】 表面的な対策だけでなく、今対応を行っている/迫られている課題を解決することが出来る。

なぜフォルテではこれらのことが実現可能なのか?

他業者との具体的な違いはこちら。

他EAP機関との違い
相違点 フォルテ 民間EAP機関
対応範囲 1次予防〜3次予防まで全て
予防→早期発見→治療→職場復帰リハビリテーション→復職診断→フォローアップ復職後までのプラン作成。
※治療・リワークは中ノ島フェスティバルタワー・さくらクリニックと連携
主に1次予防
ストレスチェックシステムや予防アプローチが中心。
診療に至った事後対応は、それぞれの専門機関に委託もしくは紹介。
相談範囲 多種多様なメンタルヘルス対策の一環として、人事担当/ 管理職/ 本人・家族等に医療的視点からアドバイス。
外部への委託はなし。
多種多様なメンタルヘルスに関する様々な相談や診療に至った事後対応では、(2次予防から後の段階) それぞれの専門機関に委託。
職場復帰支援プログラム
(リワークプログラム)
あり↑
休職された時点から、休養→リワーク→トレーニング→復職までのプランを作成。
※中之島フェスティバルタワー・さくらクリニックと連携。
なし↓
リワークプログラムは治療の一環としているため、医療機関以外の機関が実施する可能性は低い。
リワークセンター あり↑
定員50名の大規模リワークスペースを完備。
※中之島フェスティバルタワー・さくらクリニックと連携。
なし↓
このようなプログラムは殆どの機関が実施していないのが現状。
復職診断再発予防
トレーニング
あり↑
リワークアセスメント&トレーニング(RAT)で、実際に仕事場で求められるレベルでの業務が遂行出来るかを360度診断。
なし↓
リワークプログラムは治療の一環としているため、医療機関以外の機関が実施する可能性は低い。
復職判定の精度 高い↑
主治医がクリニックの医師の場合、頻繁に状態をチェックできるため、働けるかどうかの判断がしやすい。
低い↓
外部委託の場合、「復職可」の判定を出す主治医は頻繁に本人の状態をチェックしきれていないことが殆ど。
再発の可能性 低い↓
最先端職場復帰プログラムをクリニックと連携して行うことにより、復職支援とアフターフォローを一貫して行える。
高い↑
予防・診察・復職支援・アフターフォローの各部門で責任範囲が変わり、一貫して本人に働きかけることが出来ない。
他医療機関との連携 全国規模での精神科病院/クリニックの連携ネットワーク。 紹介先医療機関の不足。(事後対応へのリスク)
TEL:06-6226-7102 お問い合わせ