ホーム > コンセプト > 導入企業様の声 > 社内に専門家不在のケース

Q 専門家がいない
契約されたキッカケは?決め手は何でしたか?

従業員300名
事業所数 5ヵ所
従業員の衛生上のフォローを充実させるため、社内にて各種努力はしていましたが、産業医からの対応や、専門知識を持った従業員も居ないため、ニーズに十分に対応できていない課題がありました。 そこで、外部の専門機関のサポートが必須という判断から、色々な関連機関をリサーチし、契約機会に恵まれた経緯があります。
不調になってしまった社員から相談を受ける以前、既に症状が現れていたことに気づきながら、初めてのこと、専門知識が無かったことを理由に何も出来ず、未然に防がれなかったことが今でも悔やまれます。
どんな部分がフォルテを導入して助かった点ですか?
各種相談事に関する継続的なサポートの細かさと、色々な情報の提供をしてくださるところが最大の良かったところと考えております。
メンタルヘルスの問題は、相手や自分の感受性や身体的疲労等により良くなったり悪くなったりして、その辺の変化をキャッチするのが非常に難しいと思います。 スポットではなく継続的な専門家による状況の把握と、それに対する適切な対応をフォルテにして頂けてることで、助かっています。
また知識の無い我々にとって、「小さな変化、シグナルを如何に拾えるか?」という実践的なセミナーや勉強会を実施して頂けることは大変有効な機会であり、今後も大切にしたいと考えております。
フォルテが介入してから何か変化がありましたか?
人事総務部の視点から気付いたことを教えて下さい。
着実に基盤が強化されていると確信しています。安全面と衛生面は、短期間で効果が出ることよりも、長年経過した後に、「あっ、こんなに良くなっていたのだ。全然、分からなかった。」と、ふと気がつくものだと思いますし、 その積み重ねの努力が大切だと思いますので、今後とも何卒よろしくお願い致します。 正直な気持ち、休職者が本当に社会復帰ができるのだろうか?とすごく不安でした。 復帰にあたっては本人の努力はもちろんですが、「復帰したい」という気持ちをもたせていただいたフォルテさんにとても感謝しております。 心のケアも大切ですが、本人に復帰したいという気持ちと自信を持たせることが大切なんだなーと思いました。生き生きと、笑顔がたくさんの姿を見れて安心しました。
フォルテの回答
従業員様の健康管理を適切に行いたいという方針はあったが、どうしても我流での対応をせざるを得ない状況がおありになったということですね。
「産業医の先生だけでは専門的な対応が行えない」という課題を抱えていらっしゃる企業様は多くいらっしゃいます。
従来型のカウンセリングや、セミナーの実施などといったスポットのみで対応するだけでは本質的な意味をなさないため、通期で行なう「継続的なサポート」が必要であったということだと思います。

他業者には頼めない、よくある企業側の悩みはこちら。

御社にも当てはまる悩みや課題が、あるかもしれません。

専門家がいない 休職、再休職が多い
メンタルヘルス対策をしているが
効果を感じない
産業医が専門外である
TEL:06-6226-7102 お問い合わせ