ホーム > コンセプト > 健康管理の体制

コンセプト
EAPとは
リワーク体験ツアー
様々な企業のリスク

株式会社フォルテは、自社内で健康管理機能が整っていない企業様の
『外部の健康管理室』です。

治療+リワーク+予防

はこれからのメンタルヘルス対策の基準

大切なのは、全てを一括して管理し、連携できる、健康管理体制が整っていること。

治療だけでも、リワークだけでも、予防だけでも、それぞれ単体では不十分

他のEAP等の業者には頼めない、
皆様のこんな悩みに応えるのが、フォルテの役目です。

悩み
メンタルヘルス問題が職場にあるが、解決出来ずに困っている。
フォルテであれば、精神科医療の現場で経験を積んだ経験豊富な専門家チームが、会社側の意向を踏まえた上で、具体的なソリューションの提供を行います。
悩み
休職/再休職者が多くて困っている。効果のある策を講じたい。
フォルテでは、”職の精度を上げるため、∈撞擔Δ離螢好を最小限にするため、『働く力の回復度合い』を測るプログラムを行っております。 行政機関様もご利用をされている、信頼性の高いプログラムです。※大阪労働局様など
悩み
産業医に今抱えているメンタルヘルスの問題を相談できない。
フォルテは、さくらクリニックに併設された、職場のメンタルヘルス専門機関です。精神科産業医、保健師、精神保健福祉士、心理士など、経験豊富な専門家チームに何でもご相談頂けます。
悩み
EAPは導入済だが、メンタルヘルス問題が減っていかない。
EAPは主に予防のみに重点を置いていますが、予防だけでは問題を解決することは極めて困難です。問題を早期に発見し、適切な治療に結び付け、回復段階でフォローを行うことで初めて企業側は求めている効果を実感できます。

「辞めたら新しく代わりを採用すれば良い、という時代は終わっている。」このようにお感じになられている現場のご担当者様、経営者様が最近すごく増えてきています。今までのように簡単に良い人材を確保出来ない時代ということですね。

採用が上手く行えたとしても、採用や育成等には膨大なコストがかかっています。代替人材の確保ということで、求める人材というよりは妥協をせざるを得ない場合もあるかもしれません。 また、その採用を行った人材に会社を簡単に辞められることも頻繁にあります。

こうゆう背景があり、「採用に力を入れるより、現存の人材が休んだり辞めたりしないようにするためにコストをかけた方が合理的である。」と考える企業様が増えています。

【具体的なソリューション(解決策)を提供】

実際に契約企業様が抱えているメンタルヘルスの問題や課題を単に提示するだけでなく、メンタルヘルス専門家チームが、カウンセリング/研修/治療/復職支援などを複合的に組み合わせ、問題解決に至るまでの具体的なソリューションを提供出いたします。

提供するサービスの特徴
対応の一部を外注するのでなく、契約企業様にとって、あたかも、大企業が備えているようなメンタルヘルス専門の健康管理室を新設したかのごとく機能し、効率的な経営管理の視点に立った包括的なサービスを提供します。


⇒【企業側のメリット】 今お持ちの「職場のメンタルヘルス」に関する悩みや課題を何でも相談でき、そしてそれを解決することが出来る。


その理想の健康管理体制が構築できる理由は、
職場のメンタルヘルス専門の医療機関と一体化しているから。


これが、これからのメンタルヘルス対策の基準

連携医療機関は全国に存在しています。

メンタルヘルス課題の
本質的な解決を行う、外注の健康管理室

TEL:06-6226-7102 お問い合わせ